STAR☆への道は一日にしてならずぢゃ!? 2          ☆ヨーロッパ&アメリカ滞在日記☆



タグ:museum ( 7 ) タグの人気記事


イスタンブール観光☆  -アヤソフィア & 地下宮殿-


さて、トルコ滞在2日目、観光初日となりました!!
Hotel Gul Sultan の朝食は、最上階の食堂にて。

b0106739_19501595.jpgビュッフェ方式で、サラダ、チーズ、パン、
オリーブ、ハムといった類のものが並びます。
トルコチャイとフルーツジュースも付いていますが、コーヒーだけは別途請求されるそうです。
あとで分かりましたが、コーヒー豆は比較的お高めなのです。

チャイはチャイダンルックと呼ばれる2段のヤカンで作られます。
丁度男性客にチャイを入れているところです↑

ここで、イスタンブール滞在予定の方に報告すべきことが!
このホテル、立地、清潔感共に文句はないのですが…、一つだけ!
バーやもしかしたらクラブなどが並んでいる通りで、夜中の1時過ぎくらいまでとってもにぎやか★
なかなか寝付けなかったのですが、ようやく眠ったかと思えば早朝5時過ぎに、モスクから大音量の祈りが流れてきました…。
ブルーモスクがすぐそこにあるし、しょうがないのです。
でも、朝5時のお祈りに慣れているわけではないし、なにせ旅行客の身、1日中外を歩き回るにはしっかりした睡眠が必要です☆
耳栓をお勧めします!! ←イスラム教の方々、すみません。
(他のホテルでも、夜のにぎやかさからは離れられてもモスクから流れるお祈りは結構な音量で聞こえてくると思います。 高級ホテルだと防音窓とかなのかなぁ?? 念のため耳栓を!!)




b0106739_1951861.jpg
朝食後、屋上に出てみると、素晴らしい眺め!!
ボスフォラス海峡が輝いていました☆

もう少し暖かくなったら屋上で朝食をいただけるようです。
日差しは強く暖かく感じますが、朝はしばらく外にいるとちょっと冷えます。


b0106739_19512894.jpg
そして振り返ると、左手には6本のミナレット(塔。ここから祈りが大音量で流れます。)を誇るブルーモスクが。
右手にはアヤソフィア。 ←本日最初に訪れる予定です。

b0106739_222829.jpg



  街中にはあちらこちらにお土産屋さんがあります。
  カーペットやスカーフなど色鮮やかできれいです。
          






5分ほど歩いて、Ayasofya アヤソフィアに到着。 
b0106739_21475051.jpg
ゲートの中を進むと、遺跡と思われるものがゴロゴロと…。
今真っ盛りのチューリップもたくさん咲いています。
この週末はチューリップ祭りとやらも開かれている様です。

アヤソフィアとは元々、360年に完成したキリスト教の大聖堂でしたが、15世紀半ばにオスマン帝国の支配が始まり、その際に聖堂からモスクへと改修されたのです。
その間、消失と再建を繰りかえし、偶像崇拝禁止の掟によるモザイク画の破壊(←漆喰で埋められてしまったりしたのですね~)なども経て現在に至ります。
今では博物館となっています。


いよいよ入り口に着き、アヤソフィアの中へ…
b0106739_22335678.jpg



早速扉の上にモザイク画が登場。
祝福を与えるイエス
キリストの前にひざまずく皇帝レオン6世。
右の円内にはマリア、左には大天使ガブリエルがいます。



中に入ると…、 大き~い!
b0106739_2295520.jpgとにかく天井が高く、上手く写真に収められません!!
色々と苦心したのですが、諦めて奥の方へ。





これは、Mihrab ミフラーブと呼ばれる礼拝用の壁窪で、キリスト教の大聖堂として建てられた祭壇の中心とはずれて建てられています。→



天井には聖母子大天使ガブリエルのモザイク画が。b0106739_22241773.jpg





このキリスト教とイスラム教の混在がなんとも不思議な空間です。

上ばかりを見上げていたので首が…★ 
だいぶ長い間1階にいたので、そろそろ上に上ってみることに。

b0106739_19225663.jpg
上階へ向かう坂の手前付近に、湿った支柱があります。
病が治るとか、穴に親指を入れて一回転させると願い事が叶うとか…。
イタリア人ご一行様が楽しそうに回していました☆
もちろんさと☆まいも、ぐるぐるぐるぐるぐるぐる。 ぐる。




b0106739_19254861.jpg
上に来ると、下よりも全体図がうかがえるかもしれない写真が撮れた気がするのでUP。
それでも天井から下までは入りません★ 
どうやら上から下まで56mほどあるようです。

大きな円盤は直径7.5mもあるそう。
右が唯一神アッラー、そして左には預言者ムハンマドの名前が記されています。
他にも4人のアッラーの使徒の名が記されていて、巨大な円盤は計6つあります。
b0106739_19353453.jpg








ミフラーブの上の聖母子大天使ガブリエルに近づきました。
近くで見るとこんな感じです。




そして素晴らしかったのがこれ!   ↓ Deesis ディーシス
b0106739_19432188.jpg
ビザンチン美術の最高傑作と言われているほどに美しいモザイク画です。
中央のキリストに、左のマリアと右の洗礼者ヨハネが人々の罪の許しを請う場面だそう。
下の2/3のモザイクは地震や盗難で消失したそうです。
本来の全体図は右下の絵のような感じ。



b0106739_20192264.jpg
2階には他にもモザイク画があります。
左は、聖母子と皇帝家族。 歴代の皇帝たちはアヤソフィアへの献上をこうやって記録したそうです。
中央は、キリストと女帝ゾエ夫妻。 これまた献上の図。
ゾエ女帝は3度の結婚をしたそうで、そのたびに夫の顔が描き直されたそうです。

右は2階から降りて出口の南口扉上にあるモザイク画、聖母子に献上する皇帝

そうしてアヤソフィアを後にしたのでした。






b0106739_302630.jpg
次に訪れたのは、アヤソフィアから歩いて2~3分ほどの所にある、Yerebantan Sarayi 地下宮殿です。
建物の外にはちょっとした行列が…。
それでも2~3分ほどで中へ。


入り口から下っていくと、だんだんとひんやりしてきます。
中はきれいにライトアップされていて神秘的な雰囲気☆
支柱やアーチがきれいに並んでいて、なるほど宮殿っぽい感じです。
実はこれ、6世紀頃に造られた地下貯水槽なのです。
b0106739_345451.jpg
中には涙目の円柱と呼ばれる、孔雀の羽がモチーフとも言われる柱があります。
そこにまたしても穴があり、親指を入れて手のひらを一周させると願いが叶うと言われているそう。
さと☆まい、挑戦。→成功☆→ご機嫌♪

離れて撮ると柱の模様がよく分かります。 おーっと!! 男性の指が取れなくなってしまった!?


b0106739_322019.jpg
さらに奥の方へ進んでいくと、
メデューサの頭が!!
しかも逆さまだし、横向きだし☆
これらは、柱の高さをそろえるために
差し込まれたものだそう。
ローマ時代の建物の柱と石材が寄せ
集められたそうです。
しかし、この目つき、強烈です★

幅約70m、奥行き約140m、高さ約8mで、28本の柱が12列に並んでいるそうです。





地下宮殿と涼しい空気を楽しんだあとは、再び太陽の下へ。
日差しが結構暑いです!!
次の目的地グランド・バザールへ向かう途中に、名物らしいザクロとオレンジのジュースを発見♪
b0106739_352692.jpg
リフレーッシュ☆





                                              ☆TOP☆
[PR]
by sato-_-mai | 2008-04-12 23:59 | Turkey

締めくくりのTATE。


b0106739_2117179.jpg入場無料のミュージアム巡り、メジャー所は一応
これで最後となります。
締めくくりは、Tate Modern

テート・モダンとは対岸(お向かいではない)のテムズ川沿いに建っています。
暖かくなったらこの二つのミュージアムを結ぶボートに乗って移動してみたいと♪


美術館に着くと、丁度いいガイドツアーがありました。
Turner Tour に参加。
ターナーとはイギリスを代表する画家、William Turner←ウィキペディアで検索してみてください

b0106739_2159523.jpgナショナルギャラリーでも数点見かけましたが、光の表現に特徴のある美しい風景画が多いようです。
建築物の描写も気が遠くなるほど詳細に描かれていたり、目に見える光ばかりではなく空気感まで伝わってくるかのような素晴らしい絵がたくさんありました。

もちろんツアーではターナーがどのような人生を送ったのか、どのように絵を描いてきたのかなど興味深いお話が色々と聞けます。
このターナー・ツアー、英語がちょっと分かる方にはかなりお勧めです☆



ツアーの後は、カフェで一休み。
b0106739_2126817.jpgミュージアムのカフェは毎回楽しみにしていますが、テート・ブリテンのカフェは地下にあり、雰囲気もいまいち…★

でも、どう見ても美味しそうなオレンジとアーモンドのケーキがあり、ついつい購入。
味はそこそこでした★苦笑
お勧めなのがジャスミン茶♪
完全にドライな葉ではなく、つぼみの状態のような葉が使われていて、とにかく美味しい!!

そして、もうしばらくターナー以外の絵も楽しみ退散。





b0106739_2215599.jpg



いまいち交通の便が悪く、帰るのにお散歩がてらしばらく歩いてみることに。

Houses of Parliament (国会議事堂)とビッグ・ベンを横目に、Westminster Abbey (ウエストミンスター寺院)までやってきました。

←写真は入り口付近。 ここだけでもなんだかすごい。
残念ながら閉まっていて中は見れませんでした。
滞在中にまた来ねば!



                                               4/1/2008
                                                ☆TOP☆
[PR]
by sato-_-mai | 2008-04-01 23:59 | UK

V&A の Friday Late☆


b0106739_2514924.jpg

さて、今日も入場無料のミュージアム巡り♪
Victoria and Albert Museum に行きました。




b0106739_357421.jpg
入った途端に目に入った驚きの物体☆☆
ベネチアングラスっぽいオブジェがシャンデリアのように吊るしてあります。

早速インフォメーションで無料ガイドツアーについて聞きましたが、丁度最後のツアーが終わって戻ってきた頃でした★

このエントランスホールに吊るしてあるオブジェについては、また今度ツアーに参加できたら聞くとしましょう。

もうちょっと近づいて撮ってみたものもあります。
興味のある方は一番下の「エントランスのオブジェ」を click☆ してみてくださいね。





b0106739_313144.jpgなんだか色んなものが置いてあるミュージアムです。
色々な国の陶器や像、洋服やジュエリー、さらには家具類まであります。

←ガイドブックで見かけて気になっていたもの。
どうやらなんとオルゴールらしいのです!!
小さい大人が入れるくらいの大きさなのですが…。
不思議です。


b0106739_34789.jpg

ティーセットもありました♪
もう少し色々なセットがあるかと期待していたのですが、一角で細々と展示。
このシルバーのヤカン(多分。)なんて素敵ですよね~☆





b0106739_321387.jpgちょっと休憩。
カフェへ行ってみるとすごいことに!!
3つほどテイストの異なるなんだかゴージャスな部屋がありまして、そこがカフェスペースなのです。
キョロキョロしちゃって落ち着かないさと☆まいでありました。笑



カフェ後もウロウロと見学し、閉館時刻も近いことだしそろそろ帰るか、と出口へ向かったら…
なんと盛り上がっている!!
ドアの近くでチラシをもらったら、なんと今日は月の最終金曜日ということでミュージアムが遅くまで開いていて、しかも、色々なイベントがあるそう☆☆☆
さらには、今月のテーマは Theatre!
プログラムをいただき中へ引き返したさと☆まいでした。


フィルムを観たり、ちょっとしたパフォーマンスを観たり、そこら辺ではオペラな歌が聞こえてきたり…。
無料でこんなにすごくていいんですか!? となんとも驚きです☆

b0106739_3213269.jpg
そんな中見つけた展示品 ↑
色々なお芝居の舞台のミニチュアたち。
まったく何の舞台だか分かりませんが…、どなたか分かります?
A4サイズくらいの大きさの窓口で、精巧に再現されているようです。
右下はちょっと気になった素敵なピアノです♪



b0106739_335537.jpg

ちょっと歩いていたら、妙なもの見つけました→
あらら、誰ですかね? お人形ちぎって縛っちゃってるのは…!?


b0106739_3355859.jpg


おぉっと!
←間違いなくこの人です!!
完璧に自分の世界に入り込んでお人形たちをいたぶっています。

b0106739_3385669.jpg





そう言えば、至る所に裸の人形たちが放置されていたけど…
この子達も彼女の餌食になるのですね…★

不思議なパフォーマンスでした…。





なんだか予想をはるかに超えた楽しいミュージアム訪問となりました。
ちなみに来月(3月)はアーキテクチャーだそうです。

本当にロンドンのミュージアムはすごいなぁ…!!!



                                                ☆TOP☆


あ、見たい方、どうぞ↓

エントランスのオブジェ
[PR]
by sato-_-mai | 2008-02-29 23:59 | UK

Tate Modern からの素敵な夜景☆


b0106739_701522.jpg今日は Tate Modern へ出かけてみました。
テート・モダン美術館はテムズ河の向こう、川岸にあります。
なんとも交通の便が悪い★
今日はとーっても冷たい風が吹いていて、川沿いを歩くのは非常~ぅに辛かった!!

なんとかたどり着いた時にはすでに遅し。 無料ガイドツアーは終わっていました★
なのでオーディオガイドを借りて回ることに。
しかしモダンアートは難しい!! ほとんど意味が分かりません。笑
絵画ばかりではなく、映像作品などもあってそれなりには興味深かったです。




b0106739_704827.jpgテート・モダン、何が良かったかって、最上階にあるレストラン&バー スペースです♪
レストランはお高めですが、バーエリアではタパスのようなおつまみが多種用意されていて、ワインなんか飲みながらつまんだりしたらいい感じ♪♪
このお料理が結構イケルんです!
マッシュルームのペーストにペッパーの何らか詰めをチョイス☆
ブレッドも付いてきて、小腹を満たすのには充分。



b0106739_71774.jpg
そして何と言っても素晴らしかったのがこの夜景☆
テムズ川の向こうに St. Paul とロンドンの街がきれいに見えます。
テート・モダンに行った際には必ず7階まで上ってください!



この季節にはお勧めできませんが、暖かい時期には Tate Boat なんかもいいかもしれません。
テート・ブリテンとテート・モダン間をボートでつないでいます。
40分ごとに運行していて、£4 ほど。 
テムズ川、20分弱のクルーズを楽しめると思うとお徳かも?
詳しくは下線部リンクを click☆



                                              ☆TOP☆
[PR]
by sato-_-mai | 2008-02-15 23:59 | UK

The National Gallery


b0106739_19482248.jpg順調にミュージアム巡りを続けています。
今日は The National Gallery を訪れてみました。



b0106739_19512264.jpg
2月に入ってから、なんだか春が近い予感がムンムンするんですよ~♪
今日もこんなにきれいな晴天!!

こちら、トラファルガー・スクエアです→
奥に見える建物がナショナル・ギャラリーです。
このスクエア、かの有名な三越本店前にいるライオンさんの本家が座っています。
残念ながら写真には写っていません★



絵画に詳しいわけではないので、こうゆう所ではできればガイドツアーに参加したいですね。
もちろん、無料のツアーのみ参加です☆ (大体1時間ほど 英語のみ)
そうなんですよぉ、入場もガイドツアーも無料だったりするんです! 日本ではほぼ、考えられませんよね。

今日はきちんとツアーの時間をネットでチェックしたので問題なく参加♪
やはりガイド付だと5倍くらい楽しめます!



b0106739_2014048.jpg




ポートランドのミュージアム(ちなみに有料)でもお目にかかったレンブラントさんもいました。(同一画ではない)

'Self Portrait at the Age of 34', Rembrandt, 1640





b0106739_20312649.jpg
これもまた興味深い1枚でした。 しかも巨大☆
この絵の舞台の時代背景や、この絵自体の当時の評価など、色々とガイドさんが教えてくれます。

'Bathers at Asnières' ('Une Baignade, Asnières'), SEURAT, Georges, 1884





b0106739_20195990.jpgフェルメールも気になります。
先日、「真珠の耳飾りの少女(GIRL WITH A PEARL EARRING)」という映画を観ましたが、とてもよかったです。
残念ながらこの映画の基になった同題の絵はオランダのマウリッツハイス美術館にあるようですが…。

フェルメールの絵はナショナルギャラリーにも数点あり、ガイドさんに教わりながら見比べたりすると面白かったです。

A Young Woman standing at a Virginal, VERMEER, Johannes, about 1670-2




他にはゴッホやモネなど、詳しくなくても知っている名の画家の絵も多数あります。
14時半のガイドツアーに合わせて行って、閉館の18時までいましたが時間が足りない!
また是非訪ねたい美術館です。


全ての絵画の写真はナショナル・ギャラリーさんのHPより拝借。
このHP、かなり充実していて面白いです。
残念ながら日本語での表示はすっごく限られていますが、興味のある方は辞書片手に英語でどうぞ☆



                                                 ☆TOP☆
[PR]
by sato-_-mai | 2008-02-08 23:59 | UK

Natural History Museum


b0106739_1283873.jpg今回ロンドンに来てからろくに観光をしていないなぁ、もったいないなぁ、とボチボチ思っていたので、入場無料のミュージアムから始めてみることにしました。

第一回目は、Natural History Museum です。


なんとまぁ、カメラを忘れてしまいとても残念。
たくさんの恐竜や動物の剥製などがあり、なかなか面白いです。
お子様が多くてとってもにぎやかです。

さと☆まいのお勧めは、レッド・ゾーンの地球に関するエリア。
神戸の地震がフィーチャーされた、地震体感コーナーなどもありました。
残念だったのが、揺れがせいぜい震度2ほどだったこと。
安全面の問題もあってでしょうが、これじゃ地震の本当の恐ろしさが伝わらないなと★
さと☆まいが子供の頃には、地震体験車(?)に乗って実際に恐さを体感したものですが…。

b0106739_1512643.jpg


このレッド・ゾーン、Earth Hall は一見の価値有り。
不思議空間が広がっています。

写真は、Natural History Museum の HP より拝借。




                                             ☆TOP☆
[PR]
by sato-_-mai | 2008-02-02 23:59 | UK

そんなにポートランドは魅力がないかっ!?


なんのこっちゃ? てなタイトルですが、ロンドンに来て3ヶ月も経たないうちに2組目のお客様がいらっしゃいました~♪
ポートランドなんて1年もいて家族が1度遊びに来たのみ。
もっと遡ってみると、〇年前に4年間セントルイス(米)にいた時もお友達1組が遊びに来てくれたのみだった…。
アメリカの地方都市は魅力がないということでしょうか。
大都市なんかより自然が素晴らしくてお勧めだけどな~♪


とまぁ、前置きが長くなりましたが、とりあえず大英博物館に行ってみました。
らびりんす先でもご紹介した、2年前の旅行以来の大英博物館です。

b0106739_21543881.jpg

   すると驚くべき発見が!!!
   な、なんと! カバが動いたぁ~☆☆☆
   前回と比較。


b0106739_21575955.jpg

そして猫も探したのですが、前回いたと思われるエリアで発見できず…★
諦めて博物館を出る間際、なんとぉ~!

猫も動いたぁ~!!!
↑ 「前回と比較。」参照

しかもものすごいVIP待遇☆
入り口横でかなりフィーチャーされていました。


あぁ、大英博物館ってこうゆう楽しみかたもあったのね…♪ ←おバカ★






お次は、つい先日ロンドンの新しい玄関口としてオープンした St. Pancras 駅 へ。
b0106739_2215727.jpg
ここからパリへ電車で数時間。 日帰り旅行も行けちゃいます!
右は巨大なカップルの像。 巨大すぎてロマンティックじゃない。

それにしても趣のない駅だなぁ。




b0106739_2234385.jpg




さと☆まいはやはりこうゆう感じのほうが…♪

←こちらはお隣の
King's Cross 駅
b0106739_2252221.jpg




実はこの駅、ハリーポッターが学校へ行った時に使った
あの駅なのです!
何番目のシリーズでしたっけね?
この通り、9 3/4番ホームもちゃんとあるのです☆
カートが半分あちらへ行ってます→






今夜のディナーはパブにて。
b0106739_2284882.jpgビール片手にお決まりのフィッシュ&チップス。
もう一品は… ビーフシチューのようなものが生地に包まれ焼かれたもの。
名前忘れちゃった★
やはりイギリスに来たらとりあえずパブは体験しておきたいですよね!




                                              
                                               ☆TOP☆
[PR]
by sato-_-mai | 2007-12-05 23:59 | UK


Malaga マラガ, Spain  での語学留学生活日記   Portland, Oregon(米)    でののんびり生活記       London, UK 観光気分滞在記  ごゆっくり☆
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
BLOG☆LINK
食べある日記
花束ね人
百葉窓
KANA VOICE
Pepper★mintなネイル...
Mamy's Chat
子彤 Being, blog
上野を散歩
JUK flavor words
DIARY - 断続的な日録
From the desk of Kenneth B...


HP☆LINK
DS Piano Lesson
Happy Come
takezaki floor




Click for Malaga, Spain Forecast



 ☆Malaga time☆

  

    ☆California Time☆




☆London Time☆



       ☆Japan Time☆




※本文中、下線部はリンクが貼られています。 是非 Click!してみてください☆

※コメントやTBはどなた様からでも大~歓迎です♪ が、ブログ・記事の内容とあまりにも無関係と思われるものは、管理人の判断により削除させていただく事があります。 
ご了承くださいませ☆
最新のトラックバック
クレープ
from お菓子レシピ紹介ブログ
東京ベイ 新浦安温泉 湯..
from サラリーマンのお食事
住宅防音工事マンション防..
from 住宅防音工事マンション防音工..
フラのレイやパウスカート..
from 趣味のお役立ち情報
カーペット絨毯のクリーニ..
from カーペット絨毯のクリーニング..
雨水再利用・雨水タンクシ..
from 雨水再利用・雨水タンクシステ..
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧