STAR☆への道は一日にしてならずぢゃ!? 2          ☆ヨーロッパ&アメリカ滞在日記☆



カテゴリ:Portugal( 1 )


いよいよマラガへっ!?


※長いです。 お時間許す限りでお読みくださいませ☆

時差ボケかなぁ・・・? 午前三時に目が覚めてしまった。 
寝る前に現地時刻に合わせた腕時計を見て、時計が狂ったかと疑ってしまった。 
部屋には時計がないので、ネットで調べて時計合わせました。 日本のホテルなら時計がないなんてありえないけど、これは一国民性の表れなのでしょうか??
Wake-Up Callは5時半にお願いしているので、とにかくもう少し眠ることに。 
度々目を覚ましましたが、4時半にとうとう諦めベッドから出ました。
身支度をし、重量オーバーの荷物でまたチャージされないよう重いものをスーツケースから頼りないかごバックに移し、と色々やっていると6時半、朝食の時間になりました。
食堂に行ってみると小さな部屋に大小のテーブルが6つほど。 入った瞬間、あまりの狭さにビックリ☆笑  食堂(と呼べるのか?)簡単なビュッフェが用意されていました。 パンにサラミ、ハムにチーズ。 結構好きなイタリアンブレックファースト。 おかわりしちゃいました☆
部屋に戻り出発の準備。 C/Oを済ませ、7時半に空港へのシャトルに乗り込み、空港へ。 10分ほどの道のりで、めちゃくちゃスムーズ♪ 運転手さんとお別れをして空港内に入り、モニターでフライトを確認。 そしてC/Iカウンターへ。 いやぁ、スムーズだぁ。


・・・ここから悪夢の始まり×2・・・★

アリタリアのカウンターに並び私の番に。 荷物は24kgまで減っていて、全く問題なし。 このいい加減さじゃ30kgでもいけたんじゃないかと、くたびれ儲け気味??苦笑
ま、無事着けばよしとして、チケットを受け取ると、「Stand By」の文字が・・・。 いやな予感★ かわいいお姉さんは、荷物を持って向かいのカウンターに行ってくださいね~と満面の笑み・・・。 ついつられて、笑顔で「グラッツェ♪」(←挨拶だけイタリア語☆笑)

問題はその向かいのカウンター★
いらいらしたおばさまが接客中。 ちょっとした列ができていて、イタリア語で何かを皆に呼びかけている・・・。 ま、順番が来ればいいか、と思い待っていると永遠に近いほどに順番が来ない★ 耳をすませば、マラガ行きがどーのこーので、マドリード経由しなければとかなんとかを言っている様子。 なんせイタリア語なのでよく分からない。
すると前の人がスペイン語で接客されていて、今度はマドリードではなくリスボン経由★ リスボンが一体どこの国なのかもピンと来ない哀れなさと☆まい。苦笑
で、ビジネスクラスにするとか、ちょっとお金払い戻しするとか、色々説明している様子。 なんせスペイン語なのでよく分からない。
ついに私の番に! すると、いろんな人が横から割り込み、仕舞いにはカウンターのおばさまにまで「ちょっと下がって(イタリア語)」と言われる始末★ アジアンをなめているに違いない対応じゃ~!!!
で、今度こそさと☆まいの番!!
すると急におばさまの口数が減る。 英語が苦手なのか? 私から色々質問する形に。
結局おばさまから得た情報は、リスボン経由で、荷物はピックアップ不要、16:20にマラガ着で(当初は直通12:35着の予定)、9番チケットカウンターに行け、ということ。 確実に他の人への情報の方が多かったんですけどぉ??? 大丈夫かなぁ?
9番カウンターはどこだと聞くと、指をさして向こうの方と言うのみ。 あっち?と確かめてもそうだとしか言わない。
で、指された方に行ってみるとかなりの列が★ とりあえず列の短いビジネスの列に並んで質問を。 すると、これはビジネスじゃないからあっちに並んでと、めちゃくちゃ長い列を指すネエサン。 搭乗時刻まで40分ほどなのに・・・。
で、やっと自分の番に来たのが20分ほど前。 聞くと、ここではない、隣の航空会社だと。 だったらビジネスのネエサンが教えてくれればいいじゃないかぁ!!!

で、お隣の航空会社のビジネスに並び(いつもビジネスの方が空いているので)、残り15分を切ったところで自分の番に。すると、なぜここに来たのかときいてくるオバサマ。なぜって、アリタリアでここに行けって言われたからだよ!! と、いい加減ちょっと切れ気味のさと☆まい。 だってあと10分くらいしかないよぉ!泣 
このオバサマがアリタリアのオバハンに電話で聞いてくれると、直接ゲートに行っていいとの事。 
な~ん~だ~とぉ~!!!怒怒怒★
キレてる場合でもないので、結局何も悪くないこのオバサマには笑顔でお礼を言って、ダーッシュ!!! 
ふと、9番のチケットカウンターと9番のチェックインカウンターって違うのかしら?と疑問。でもアリタリアのオバハンはこっちを指差していた。とにかく訳分からないまま走り続けA3というゲートに到着。 
すると飛行機遅れてます~★
9:15だったのに、9:50になってもまだ、10:10になってもまだ、10:40になってもまだ。 とうとう11:10までになってしまい、とうとうゲートカウンターには人だかりが★ 
さぁて、この先どうなることやら・・・。(半分諦め状態★)

12時を過ぎると、結構エキサイトしているお客さんが現れ始めました。
さと☆まいは待つことしかできず・・・。
ベンチに隣り合わせていた女の人と話をしながら待っていました。 彼女は進んで情報を仕入れて来てくれ、彼女のおかげでさと☆まいは特に心配することもなく済みました。
彼女はポーランド出身で、仕事の都合でリスボンに3年ほど行く予定だと。 恥を忍んで彼女に、リスボンがどこの国なのかさえ見当も付かないと冗談っぽく言ったら、ポルトガルだと教えてくれました☆笑
彼女とメアドを交換して、連絡を取ろうということに。 週末にでもマラガから遊びにおいでよと言ってくれました。 素敵なプランだ~♪ ヨーロッパはこれがたまらん☆ 簡単に色々な国を訪れることができる!

そうこう盛り上がっているうちに動きが。 どうやら飛行機の用意ができたらしく、ゲートを移動する様子。
移動先のゲートでは、またもやかなりエキサイトしてしまっている若者が・・・★ こうゆう時、現地の言葉が分かると何が起こっているのか分かっていいんだけどね。 これから出発だって時に今さら何をそんなに怒っているのか全く謎。
ゲートを通る時にマラガまで行けるのかと聞いたら、「あ~、行けます、行けます。」といった感じの対応。 ま、あんな態度だからお客も逆上するのかな。
 
ようやく飛行機に乗り込み出発しました。
残る問題は、今日中にマラガに行けるのかどうか・・・?
乗務員さんに聞くと、「他に2~30人いるから心配しないで。降りるときにお知らせしますから。」との事。 どうやら女の子(←さと☆まい)には、女性より男性(←航空会社の人たち)の方が親切に対応してくれるようです。苦笑

13時ちょっと前に出発した飛行機は、約二時間半後、ポルトガル時刻の14時過ぎ(時差でマイナス1時間)にリスボンに到着。 さぁて、問題のマラガ行きは・・・???

マラガ行きのお客さんが集められ、点呼を取り、「さて、マラガ行きですが・・・」と始まりました。 これ、もちろんイタリア語で。 「何時何分の飛行機 ドマーニ」・・・ っと、いっせいに皆がちょっとキレ出した。 あ~、明日の飛行機なんだな、とさと☆まい解釈。 でも、念のため英語で説明してもらったら、明日の13時55分の飛行機らしい★ そりゃみんな怒るわな。 だったらミラノで待っていた方が、夕方の直通便に乗れたかも知れないし、明日の朝の直通便に乗れたかもしれない。 なんでわざわざリスボンに来たのか、全く意味なしになってしまったのだから。 ミラノ出発時にリスボン―マラガは無理だと分かっているはずなのにどうして乗せたのか?? 適当すぎるなぁ・・・。
エールフランスに続きアリタリアもかなり信用度低下★
とにかく、ホテルを取ってくれるらしく、ディナー&ブレックファーストも全てアリタリア持ち。 当たり前だけどちょっとラッキ☆(←さと☆まい、かなり能天気??笑)
 
b0106739_1502933.jpgその後荷物を取りに行き・・・、1時間たっても出てこない★
どうやらトランジットの方にあるかもということで、それならばあとでホテルに送られることに。
アリタリアがレンタルしてくれたバスに皆で乗り込みホテルへ。 
移動中に皆が一生懸命英語で話しかけてくれました。 さと☆まいは「旅の指差し会話帳 イタリア」を片手に一生懸命イタリア語を。 かなり楽しいひと時を過ごしました。 英語って、そんなに必要ないからか?、結構分からない人が多いようです。 それでも、イタリア語交じりで、ジェスチャー活用し、一生懸命コミュニケーションを図ろうとしてくれて、とっても嬉しかった♪ 
ナポリ出身のおじさんがいて、さと☆まいもナポリに行った事があると言うと大喜び☆ 何が良かったかとか楽しそうに聞いてきて、ご飯が美味しい、ピッツア、ペッシェ、など言い合い、すると次はどこが良かったかと聞いてきて、ちょっと困ったけど、苦し紛れにスパッカナポリと言うと、これまた大喜び☆
 
ひどいトラブルに巻き込まれてしまったけど、空港でのポーランドの彼女との出会いや、このイタリア人たちとのポルトガルツアーなどもあり、そんなに悪くないな、なんて思いました♪ ま、でも明日から始まる授業の初日を欠席しなければならないのはかなり不安ですが★

ホテルに着くとび~っくり☆ 4つ星の素敵なホテ~ル♪ ラッキ~♪♪
TRYP ORIENTE Lisboa
b0106739_151101.jpg
部屋に入ると、横に長~い広い部屋!!
ツインサイズくらいのベッド×2は独り旅にはもったいない★
窓は大きく、ベッドに寝転がるときれいな青空がぁ・・・♪
バスルームも豪華☆☆☆  大きな窓の下には大きなバスタブが♪
洗面台もモダンできれい♪  アメニティーもなかなかそろってます。

b0106739_2204123.jpg
窓の外は駅&住宅街。
最上階だったのでいい眺め~♪♪
さすがにオーシャンビューは得られませんでした。 海とは反対に面した部屋でした★

ディナーまで時間があったので、周辺を散歩してみました。
b0106739_2362410.jpg

窓から見えていた駅の正面まで行ってみました。 新しくてきれい。
道路を挟んだ向かいには巨大なモール Vasco Da Gama があり、入ってみました。 こちらも新しそうできれい☆
モールを通り抜けると海が!!

迷子になりたくなかったので、ほどほどに切り上げ戻りました。

しばらく部屋でのんびりしてディナーの時間になり、下に行くと丁度荷物が着いたところ。
さと☆まいの荷物は無事届きました。
届かなかった人も2~3人いたようです★

b0106739_2341777.jpgその後ディナーに♪ 
もう皆はテーブルについていて、さと☆まいもジョイン。
ナポリ出身おじさんがと~っても愉快♪
半分以上何を言っているか分からなかったけど、英語が少しできる人が訳してくれたりして、仕舞いには歌いだしたりして。   さと☆まい、ワインでちょっと赤ら顔→

オーソレミオを一緒に歌ってみたら、学校で習った歌詞とちょっと違うようです。 「違う違う!!」と言われてしまいました☆ 
すると帰れソレントへを歌いだしたので、日本語なら歌えると言うと歌えとのこと。 
歌うとこれまた大喜び☆笑
楽しいディナーでした♪

ディナー後はお散歩に誘われましたが、もう10時だったので部屋に戻って入浴することに。 
大きな窓の横の大きなバスタブにお湯を張り、ウトウトしながらしばらくつかりました。 とっても気持ちよかった~♪
そして12時には就寝。
長~い一日が終わりました。 
明日こそはきっとマラガに・・・☆


え~、昼間あまりに待ち時間が長かったのでその間にテキストを書いていたため、随分と長い記事になってしまいました☆ 
最後までお付き合い頂きありがとうございます♪

[PR]
by sato-_-mai | 2006-07-02 23:59 | Portugal


Malaga マラガ, Spain  での語学留学生活日記   Portland, Oregon(米)    でののんびり生活記       London, UK 観光気分滞在記  ごゆっくり☆
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
BLOG☆LINK
食べある日記
花束ね人
百葉窓
KANA VOICE
Pepper★mintなネイル...
Mamy's Chat
子彤 Being, blog
上野を散歩
JUK flavor words
DIARY - 断続的な日録
From the desk of Kenneth B...


HP☆LINK
DS Piano Lesson
Happy Come
takezaki floor




Click for Malaga, Spain Forecast



 ☆Malaga time☆

  

    ☆California Time☆




☆London Time☆



       ☆Japan Time☆




※本文中、下線部はリンクが貼られています。 是非 Click!してみてください☆

※コメントやTBはどなた様からでも大~歓迎です♪ が、ブログ・記事の内容とあまりにも無関係と思われるものは、管理人の判断により削除させていただく事があります。 
ご了承くださいませ☆
最新のトラックバック
クレープ
from お菓子レシピ紹介ブログ
東京ベイ 新浦安温泉 湯..
from サラリーマンのお食事
住宅防音工事マンション防..
from 住宅防音工事マンション防音工..
フラのレイやパウスカート..
from 趣味のお役立ち情報
カーペット絨毯のクリーニ..
from カーペット絨毯のクリーニング..
雨水再利用・雨水タンクシ..
from 雨水再利用・雨水タンクシステ..
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧